2006年04月22日

RR探検隊-前編-

金曜スペシャル!
  リアルレッド探検隊
 ブラジル秘境!
 熱帯のアマゾン奥地に
 血に飢えた人喰いピラニアは実在した!!
         
ドギャーン!!(←効果音)





我が祖国ポルトガルは近年、ガマ提督によるインド到達を皮切りに
新天地を求める航海者が後を絶たない・・・。
そんなある日、私リアルレッドの元に
サンファンはるか南に新しい川が発見されたという
驚くべきニュースがもたらされた!(゜ロ゜)

なんでも新しく発見されたこのアマゾン川には
人の血肉を喰らい生き続ける怪魚、「ピラニア」をはじめとして
様々な危険動物が潜んでいるという・・。

魔の海域アマゾン。
これはなんとしてもその未知の生態系を解き明かし、
ヨーロッパの人々に警鐘を打ち鳴らすべく
私は危険を承知の上であえて探検隊を編成し、この謎に挑む!!








探検当日。
抜けるような青空が広がるカリブを出発して約5日、
我々はアマゾン川河口の視認に成功。
しかし、これはまだ魔境アマゾンの序章に過ぎない。
1隊を副隊長であるraccy隊員に任せ、
私自身も3名の隊員を率いてアマゾンのさらに奥へと進む・・。

room1:raccy>隊長、川は奥まであるようですが、いかがいたします?
room1:リアルレッド>奥を目指そう!
room1:リアルレッド>十分に注意せよ!
room1:ランディル>(>Д<)ゝ”了解!
room1:鴻李>イエッサ〜〜〜〜


さらに奥へと慎重に船を進める。
徐々に川の色が濁り、辺りを不穏な空気が包んでいく。
若手隊員の中には恐怖を隠し切れないものも現れ始める。





room1:さーましすと>か、川の水が!
room1:さーましすと>隊長!危険です!
room1:リアルレッド>ここで諦めてどうする!

room1:raccy>我々が奥へ進もうとすると突然雨が降り出し、
           何かが我々の進路を阻んでいるかのようだった・・・
room1:さーましすと>神の怒りに触れたのだろうか、
           容赦ない土砂降りの雨が
           探検隊を寄せ付けないように降り続いている!
room1:リアルレッド>しかし、こんなことにくじける我々ではない。



大雨で視界が遮られたRR探検隊の前に、
現地の狩猟民族による敵襲が!

room1:raccy>突然現れた敵に我々は勇敢に立ち向かった!!!
          (俺は逃げていたが・・)
room1:raccy>RR隊長の勇士ある逃げっぷりじゃなくて戦いぶりは
          我々に勇気を与えるものだった!!!
room1:リアルレッド>;;



そして敵襲を退けたと思ったのもつかの間、
謎の疫病が蔓延し、早くもピンチに陥るRR探検隊!



探検には念入りな装備が欠かせない。
ちょっとの油断が命取りになる秘境となればなおさらだ。
現地民による敵襲に果敢に立ち向かった隊員たちも
この謎の疫病の前にはなすすべもない!

そしてアマゾンの呪いはこれだけではなかった。

あつ坊の強襲です!
突然、凶悪な野人の急襲を受けたRR探検隊!!

あつ坊>発見からここまでおそいっ!!!  かわりに金だしな
room1:リアルレッド>!!
フェルナンディト>むは
キルケ>!!
さーましすと>キター

敵の援軍が現れました!
虞翻>はーい、海賊です♪
room1:リアルレッド>あと1匹いた!!



フェルナンディト>え
フェルナンディト>撃っちゃっていいのw
room1:リアルレッド>いいんじゃ?



raccy副隊長艦隊と離れているため、必死に応戦するRR隊長艦隊!
野人たちは、分が悪いと見るや速攻で撤退を決めた様子。



よく分からないものを収奪し、一目散に逃げ始める野人!
(おそらく彼ら未開の人々にとっては貴重なものだったのだろう!)


虞翻が戦闘から撤退しました
あつ坊>じゃ!
虞翻>もう、悪さするなよ!
あつ坊が戦闘から撤退しました
あつ坊を取り逃がしました


room1:raccy>突然現れた海賊はRR隊長から『HGクラッカー』を奪うと
         足早に去っていった・・・あれはいったい何だったのだろう・・・


しかし野人の襲撃はこれでは終わらなかった。
後続のraccy副隊長艦隊にも襲い掛かる
学習能力のない野人たち!(」゜ロ゜)」

虞翻>おそうんかい!!
鴻李>こっちもかwww
あつ坊>機雷まいちゃうぞ〜
ランディル>賊か!!
鴻李>うは
虞翻>アマゾン警備隊♪
ランディル>無駄だ!!
ランディル>機雷発見あるw



アマゾン奥地に潜んでいた密猟者に果敢に立ち向かう探検隊!
敵の族長に果敢に白兵戦を仕掛た鴻李隊員の突撃が炸裂!(゜ロ゜)
そして間髪入れずランディル隊員の
14門フルファイヤ砲撃が直撃!!Σ( ̄□ ̄;)


虞翻>今日のところはこのくらいにしておいてやろう・・・
虞翻>邪魔したなっ!


捨て台詞らしきものを残して撤退していくアマゾン野人。
さすが秘境アマゾン!! 
予想できない数々の障害をくぐり抜けて、
はたしてRR探検隊は任務を達成する事ができるのか!?
まて!次号! 乞うご期待!!     (後編へ続く)

posted by リアルレッド at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びっくりしたですよーw
何が起こってるかわからなくて
攻撃していいものかもわからなくて
一発もお見舞いできなかったのが悔やまれます。
・・・って、その前後のNPC海賊団にも一発もお見舞いできてなかったりするから
同じかあ (≧▽≦)テヘッ
Posted by キルケ at 2006年04月23日 08:41
RR総督!お疲れやしたっ!(名倉風
…えーっ、シコフィー殿から隊長に叙されたのは聞いておりますw

海賊は100%白兵で突撃してました。てか大砲積んでな(ry
勢いあまって原住民のあ●坊氏に「突撃」しそうになってましたw

これからが、面白くなるところですな。楽しみにしております!
Posted by さーま at 2006年04月23日 11:04
隊長!!アマゾン探検お疲れ様でしたっ!!
奥地には危険がいっぱいでしたね〜。
世の中にはまだまだ未開の大地があるようですし、アフリカとか実装されたら行きたいですねー♪
Posted by ランディル at 2006年04月23日 17:41
ムチャクチャ楽しそうなイベントですね〜w
参加したかった♪
しかし、虞翻先生の参戦コメント、軽いな〜www
Posted by シリュウ at 2006年04月23日 18:56
参加できなかったのは残念ですー
夜中にインして、イベントどーでしたと聞いたら
虞翻氏が後から合流だったからーと言って
多くを語らなかったのはこういうことだったのですね
わたしも野人で参加すればよかったw
Posted by 亜衣 at 2006年04月23日 22:10
>キルケ隊員
攻撃していい・悪いではなくて
売られた喧嘩を買っただけですから♪(´ー`) ウフフ
それにしてもあれにはビックリした^^;

>さーましすと隊員
いや隊長を退いたつもりはないのですが…^^;
あーでも次回が幽霊船討伐とかなったら私じゃ無理かもww
敵の顔が少し知人に似ていたからって手心を加えるようじゃ
一人前の探検家としてまだまだだッ!┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

>ランディル隊員
いやー危険盛りだくさんでしたね〜
距離が長いピクニックのつもりだったのにw
アフリカも絶対今後新遺跡が実装されると思っているので
(例えばドゥアラとかwあの街の形は怪しいw)
また探検行きましょう♪(´ー`) ウフフ
(「アメリカ」のタイプミスと分かっててあえて指摘しないw)

>シリュウさん
こういうのシリュウさんも上手そう〜♪
ご一緒できなかったのは残念w
ぜひぜひ次回はご参加下さい!^^

・・あんな軽妙なセリフで襲われたのは初めてですww
虞翻さん一言もこのイベントについて言ってなかったから
現れたのにまずビックリ!w

>亜衣さん
亜衣さんまでも野人で現れたら相当ビビりましたねきっとw
イベントを詳しくなぞろうとしたら
ブログがほとんどログで埋まってしまったので
雰囲気はこれでかなり伝わるはず☆
ほんとにみんな、テンション上がりっぱなしだったww
Posted by リアルレッド at 2006年04月26日 05:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。